スタッフ紹介

手束昭胤 Akitsugu TEZUKA,MD. 有誠会グループ会長

経歴紹介

日本整形外科学会専門医、リウマチ医、スポーツ医、
リハビリテーション臨床認定医、産業医コンサルタント、
全日本病院協会顧問、全国老人保健施設協会理事
天神リハビリテーションクリニック院長

佐藤浩充 Hiromitsu SATOH,MD. 病院長、副理事長・内科部長

経歴紹介

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医

曽我哲朗 Tetsuro SOGA,MD. 副院長・脳神経外科部長

経歴紹介

日本脳神経外科学会専門医

職歴紹介

昭和52年徳島大学医学部を卒業し、脳神経外科学講座に入局。
昭和62年脳神経外科専門医を、平成2年医学博士号を取得。
平成8年から手束病院に常勤医として勤務。
平成13年から副院長として新病院の機能性向上にも努力。


脳外科医として日々精進を重ね、3大疾患(脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷)の治療はもちろんのこと、 香川小児病院(1979-1980)では小児外科・小児麻酔・先天奇形を、 カナダ・トロント大学留学(1984-1985)では脊髄疾患・末梢神経疾患の外科治療を学びました。 大学(のべ12年)では研究・教育・教室運営に携りつつ、特にてんかんの外科治療に精力を注ぎました。 さらに救急病院(のべ5年)にて、脳疾患はもちろんの事、あらゆる救急疾患の治療に専念いたしました。 これらの経験を糧として、よりレベルの高い医療を提供するために、"手束病院ならでは"の救急医療・老人医療・外来業務を展開しております。


1)

外来では、じっくりお話をお聞きして患者さんと悩みを分かち合い、最適な治療法を考えます。 また、常に明るく、患者さんの緊張した心を開放する事に心掛けております。

2)

救急患者到着時には、冷静な観察と洞察により、迅速に対処いたします。 さらに必要な場合は、半日で主要な検査を完了いたします(血液・生化学的検査、レントゲン撮影,CT,MRI,*MRA,**3D-CTA,心電図,超音波など)*MRA,**3D-CTA ともに従来の脳血管撮影と比較して、痛みや精神的負担が非常に少ない検査方法であり、脳動脈瘤の診断も可能です。

3)

専門的な治療を要する場合を考え、三次救急病院(徳島県立中央病院、徳島大学病院など)との連携を蜜にしております。

4)

患者さんに十分納得していただけるよう、分かりやすく丁寧に状況説明し、いかなる質問にもお答えいたします。セカンドオピニオンのご相談にも応じます。

5)

お帰りになる時に、安堵と笑顔が戻っているような診療を目指しております。

 

*MRA

:磁気共鳴画像撮影を用いて脳血管を見る検査

**3D-CTA

:造影剤を静脈注射しながらCTを細かく撮影することによって脳血管を立体的に見る検査

八木恵子 Keiko YAGI,MD. 外科医長

経歴紹介

昭和62年徳島大学医学部卒業、徳島大学医学部第1外科入局
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医


徳島大学医学部第1外科では、5人目の女医です。 平成10年に手束病院に赴任しました。 当院では、総合診療科的役割を担っています。 急患をはじめ外来小手術、消化器内視鏡検査、腹部エコー検査、褥瘡治療も担当しています。 医療は医師対患者の関係からではなく、人と人のつながりから成り立つものと考えています。 仕事をとおして、生きることの意味を絶えず考えています。


【外科で担当している検査・手術・治療のご紹介】

内視鏡検査

ハイビジョン&LCDモニターによる胃および大腸内視鏡検査をおこなっています。経鼻内視鏡検査も可能です。口からに比べ、のどの反射が少ない(オエッとこない)、検査中でも話ができます。検査の前に鼻の麻酔が必要です。欠点としては鼻出血や鼻痛が起こることがあります。また鼻腔が狭い方は経鼻内視鏡検査はできません鼻から入らないときは口からに変更しています。大腸内視鏡検査を受ける方で希望者(70才未満の方)は、鎮静剤の注射をして、眠っている間に検査を受けることもできます。 内視鏡検査は原則として予約制ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

経皮内視鏡的胃瘻造設術(ペグ)

高齢や脳血管障害などで口から食事がとれず、在宅や施設で経鼻栄養を受けている方が増えています。 経鼻栄養の場合、いつも鼻からチューブが見えており外観も悪く、ノドの違和感もあります。 また、嘔吐しやすく、肺炎もおこしやすいと言われています。 経皮内視鏡的胃瘻造設術(ペグ)は胃に直接栄養を入れるための「小さな口」を作る手術です。 胃内視鏡を用い、局所麻酔で行えます。 所要時間は約10分です。2週間後から入浴もできます。

手束典子 Michiko TEZUKA,MD.,PhD. 産科婦人科部長

経歴紹介

日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医

診察日

火・水・木曜日 午前9時〜12時
その他、相談に応じて随時診察しています。


子宮癌・乳癌検診の重要であることはもちろんですが思春期から老年期にわたり、さまざまな悩み、疾患があります。独りで悩まず、気軽に御相談下さい。

湯浅哲也 Tetsuya YUASA,D.D.S.,PhD. 歯科・口腔外科部長

経歴紹介

1996年徳島大学歯学部卒業後、徳島大学歯学部第一口腔外科入局。
2000年博士号(歯学)を取得。
同年より歯学部助手として歯学部附属病院に勤務。
2007年徳島大学歯学部第一口腔外科 外来医長を拝命。
2011年から手束病院 歯科・歯科口腔外科の開設により常勤歯科医師として勤務。

所属学会

日本口腔外科学会、日本口腔インプラント学会、
日本アンチエイジング歯科学会

【歯科・歯科口腔外科で担当している内容のご紹介】

一般歯科

う触治療、歯周病治療、義歯作成、歯冠修復など

口腔外科

外傷歯の治療、普通抜歯、智歯抜歯、口腔内小手術、顎関節治療、インプラント治療、口腔粘膜や口腔乾燥症などの口腔内科的疾患

その他
歯科健診、口腔ケア・ホワイトニングなど

乾亜美 Ami INUI.  整形外科

経歴紹介

平成14年徳島大学医学部卒業、徳島大学医学部整形外科入局
日本整形外科学会専門医


徳島大学医学部整形外科に入局以後、麻植協同病院、県立三好病院、香川小児病院、高松市民病院と色々な病院で救急、外傷を中心に臨床を学んできました。
平成25年4月から、自分の生まれ育った地元にある手束病院で
勤務を始めています。

【整形外科の診察室では、こんな病気の診断をします】


変形性脊椎症、むちうち症、頚椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、頚髄損傷、
手のしびれ、首こり、寝違え


肩こり、四十肩、五十肩、肩関節周囲炎、テニス肘

背中・腰
腰痛、坐骨神経痛、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、 腰椎椎間板ヘルニア、
腰椎圧迫骨折、骨粗鬆症

股関節
変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頚部骨折


変形性関節症、関節リウマチ、スポーツ障害、半月板・靱帯損傷


偏平足障害、外反母趾、骨折・捻挫、アキレス腱障害

手・指
腱鞘炎、突き指、腫瘍

症状に応じて、レントゲンやCT、MRIで検査を行い、
必要な装具やギプス固定などの治療を行っています。
大きな手術が必要な場合は、中央病院や大学病院の先生と連携して、
必要な治療が適切に行われるように努めています。
社会復帰、つまり病気から自立するために
リハビリテーションを積極的に行っています。
年齢や病気が異なれば、リハビリの内容も異なります。
患者さんに適したリハビリテーションのメニューや目標を、1人1人個別に設定し、リハビリスタッフと連携して行うことで、患者さんの生活をより豊かなものにできるように努めていきたいと思っています。