各種委員会の紹介

主務者会

各部署からの連絡事項の報告、周知徹底事項等の検討を行っています。

医療安全対策委員会

院内でのインシデント、アクシデント事例等の分析をし、安全管理体制を確立させます。医療安全管理のための研修を計画的に実施し、医療事故を無くすように努めています。

院内感染対策委員会

より良い院内の環境づくりのために、感染予防の徹底を行っています。
県からの感染情報の調査や職員の意識の徹底などに努めています。

院内衛生委員会

職員の健康管理、職場の安全面・衛生面の検討を行います。
暴力対策・メンタルケアへの対応のための意見交換も行っています。

褥瘡委員会

褥瘡ゼロを目指して、医師、看護師、管理栄養士、介護職員が一丸となって褥瘡対策に取り組んでいます。日常生活自立度によって、高機能型エアマットや、低反発のウレタンフォームマットを配備しています。褥瘡に対しては、深さや色に応じて創傷被覆材や各種軟膏を使い分けています。また、褥瘡の状態により、穴あきラップも使用しています。毎月1回褥瘡回診を行い、褥瘡委員会で問題点を分析し、改善策を話し合い、明日への治療に繋げています。

給食委員会

当院では「安心・安全な食事」を目指して、可能な限り国産食材を使用しています。特に皆様からご好評頂いている「ご飯、お粥」には国産コシヒカリを使用しています。
行事食には季節の食材を使用したお弁当を用意し、当院の人気メニューであるお寿司は、月2回以上提供させていただいております。また、病気や咀嚼、飲み込みの悪い方のための食事にも取り組んでおります。入院患者様からの貴重なご意見を参考にして、より満足して頂ける食事を目指しています。

臨床検査適正化委員会

臨床検査の管理と運営上の適正を図るとともに、重要事項を審議し、管理運営に万全を期すことを目的としています。

関連施設連絡会議

病棟師長、関連施設長、ケアマネージャーが定期的に話し合い、患者様のスムーズな在宅復帰や施設入所に努めています。

診療報酬検討委員会

診療報酬請求業務の処理及び、改善策を検討し、
積極的に病院収益の確保を図ることを目的としています。
1、診療報酬の増収に関すること
2、診療報酬請求もれ防止に関すること
3、レセプト審査上の問題点とその解決方法に関すること
4、返戻、過誤及び査定増減の内容の検討に関すること
5、その他、診療報酬業務に関すること